トップ «前の日記(2008-12-07) 最新 次の日記(2008-12-31)» 編集

M@ple Leaves

2008|09|10|11|12|
2009|01|

The name of this site is dedicated to Kaedeko Sakura.

[RSS]


2008-12-19 Gg[ubN}[N

Last Update: 2019-10-10 12:32:52

_ [ニコマス] ニコマス周りで観測できた10件の大きなこと

(註:このエントリは「ニコマス10大ニュース」企画の参加エントリです)

今北産業の本店の人がなにやらこの1年を振り返ってみようとかおっしゃっているので、乗っかってみ……ようとうだうだしていた結果がこれだよ!!! うっひゃあ、締切目の前だよ!!!

言い訳をしても仕方ないので前置きはさておくとして、見る専(むしろWiki専?)の2008年途中参戦組の人間として、今年に観測したことを自分の視点でつらつらと書き連ねてみようと思います。おそらくPの方々どころか、見る専ブロガーの方々から見ても変わったものになるでしょうけれども、それもまた視点の違いということでご容赦をいただければ。

1. ニコマスを見始めちゃった

ニコニコ動画に入り浸る習慣がついたのが2008年に入ってからなので、そもそもわたしには2007年のニコマス体験がありません。そんなわけで、まずはここから始めなければ。

以前、Pをススめちゃおう! Partyに参加させてもらったときにも書きましたが、好きな曲を軸に動画を手繰ってみたら芋づる式に次々とニコマス動画が出てきて、それらの凄さに酔いしれたので、この界隈に足を踏み入れたのでした。

たとえば「2.14.13」。たとえば「CROSSING」。たとえば「アトランチスの謎アレンジ」。これら以外にも好きな曲がたくさん。どうやって作っているのかは解らない。でも、見ていて楽しい。これだけでハマるには十分でした。

2. ニコマスWikiへ上がり込んじゃった

動画を見る習慣がついてからしばらく経つと、ニコニコ動画に投稿されている動画をまとめているWikiサイトがあることに気がつきました。それがニコマスWiki

最初はふむふむと基礎知識を身につけるために日参していたのですが、ちょっと慣れてくるとPについての情報も得たくなるもので。……と思いきや、お目当てのPのページが整備されてない。これは自分で情報をまとめよとのメッセージですね? そのように電波を受信したが最後でございました。

ちなみに最初に新規で起こしたページは確か?Pについてのものでした。その次がほっちP*1。さすがは音ゲーMADをきっかけに踏み込んだだけのことはあります。

3. 今北産業に踏み込んじゃった

Wikiの更新に慣れてきて、もはや更新が目的にすりかわっていくのはよくある話で*2、毎日更新に手をつけるための理由づけの格好の餌食となったのが今北産業なのでした。

今でこそ今北産業の中の人のひとりと認識してもらっているようですが、わたしが手をつけ出したばかりのころは他の編集者さん*3とろくすっぽ連携が取れておらず*4、さながら編集合戦の様相を呈することもしばしば。これが今年の7月から8月にかけての話。このころはまだアイマス自体の知識も勉強中、つまりは今北産業の半分はどこの馬の骨とも知れぬ輩が暴れ回っていたようなもので。今振り返ると怖い話ですよねー(のヮの)。

4. ニコニコ大百科稼動開始

ニコマスWikiと並行して情報サイトとして活用しているニコニコ大百科の稼動が始まったのは今年の5月のこと。

単語記事についてはニコニコ動画のプレミアム会員にのみ編集権限が与えられている場所ですが、ことニコマスに関しては界隈の異様なプレミアム加入率を反映するかのように他のジャンルとは次元の異なるような充実ぶり。ニコマスに特化した記述も気兼ねなくできる場所とあって、大変参考になっています。

愛m@s24についてまとめ上げられた膨大な情報を一覧して呆気に取られたのもこのサイトが最初。自重しない大人の凄さと素晴らしさを思い知らされたものです。……わずか2ヶ月くらいで自らも同じ穴の狢になるなんて予想もしてなかったのですけど。ねえ?

5. RankingForYou!と日マス、みてれぅチャンネル稼動開始

今年の7月に始まった2つの自動生成ランキングプログラム、「アイドルマスター Ranking For You!」と「日刊アイマス初動ランキング」。片や再生数3桁の新作PVをどんどん吸い上げるランキング、片や毎週140本の新作に7本の旧作をまとめ上げるカタログ。そして、8月末にテスト開始されたタグをチャンネルに見立てた検索システム、タグをいろいろな角度で自分好みの動画発掘に臨めるみてれぅチャンネル

強力な縁の下の力持ちがこんなに揃い踏みして支えられている界隈というのもなんだか凄いことですよね。ニコニコ大百科で微力ながらログの整備はしていますが、これらのシステムを回してくださっている方々にはただただ感謝の気持ちを述べることしかできません。いつもおつかれさまです。

6. 動画にいろいろ触れた結果、公式CDがこんなに手許に

抜けがあるとはいえ、MASTER ATRISTにMASTER LIVE、そしてV4Uとベストアルバム。

自分好みの曲以外にも公式曲にも触れる機会が多くなって、いつの間にか手許にはこんなにCDが。ゲーム本体は持っていないのにー。アイマスの公式曲のよさはやはり半端ではないです。

もともと蒼い鳥が大好きでしたが、CDでM@STER VERSIONを聴くとさらに好きになりました。

7. Wiki編集者も団結しちゃったネタ☆MAD

このあたりからイベントなどを。Wiki編集者としてはいちばん印象深いイベントは、やっぱり参加作品捕捉に奔走したネタ☆MAD「関連動画が200超えるとかあんたらバカでしょ」*5などと思いつつ、ニコマスWikiとニコニコ大百科を涙目(主に眼精疲労で)になりながら追いかけっこしたものでした。

今北産業アクティブ編集者のハンドルを特定した上での連携が始まったのもちょうどこのあたりで、Wiki編集者の団結の素地ができてきたという意味でもなかなかに意義の大きかったものだったと今では思えます。

8. 奴が来た

im@sMSC3決勝の最終枠。

コア視聴者層の注目を集める中、im@sMSC3決勝でついた最高のオチ。最高に笑いました。面白かったからすべて許します。許しますので完成版をなるべく早く提出してください。

9. Twitterを介した見る専ネットワーク形成、Pとの思わぬ接近

今年の10月にSakurabaさん、射座の日Pglassknivesさんの全面協力の下、ニコマスWikiにニコマスTwitterリンクを作ることができました。感謝のエントリは過去にも挙げていますが、改めてお礼を。ありがとうございました。

ある意味でただの個人的な便宜を図るためのものだったのに、カウンタが5桁も回り、新たなお名前が随時追加されるようなコンテンツに育ってくれて、感激の一語に尽きます。

このページの作成を境に捕捉範囲が、見る専もPも、それどころかニコマスの外の面白い人へと爆発的に広がって、ニコマス界隈がさらに楽しくなりました。今このような体験をできていることがすごく嬉しい。インターネットもこの世界もまだまだ捨てたものじゃないですよね。

10. そしてかけがえのない盟友へ

dis-integration

ある意味で意趣返し、かも。

でも、あなたがいなければ上に挙げた項目のうちのいくつかは起こりえなかったことかもしれません。少なくとも、今の時間にこのブログがこのような形では存在していることはなかったはずです。あなたの存在は、わたしにとってはそれくらい大きなものです。

普段Twitter上では軽くあしらうような言葉を投げているような気がしますが、根っこではそうでもないんだよ、と言っておいてみたりして。つきあいは悪いかもしれないけど、もうしばらく楽しい時間を作ることができたら嬉しいです。

何というかですね。ニコニコ動画も捉え方によっては人と人とが作る環境なんだなとか思ったのですよ。同人誌即売会のサークル参加者と一般参加者みたいなちょっとした差異があるくらいで。あとは顔が見えないことくらいだけど、意思疎通のインフラがそこそこに整っていればそれほど大きな問題じゃない。

そのへんの本質はメーリングリストで趣味についての意見を熱心にやり取りしていたころと実はいい意味で何にも変わっていないことだという結論に落ち着いて、ちょっと心がほっとしたのでした。

*1 熱に浮かされた状態だったので、記憶が正しいかどうかは定かではありません。

*2 さすがに今はそうでもありません。たぶん。

*3 これがそれまではほぼひとりの手で回されていたことに気づいたのは、季節が秋に入ってからのこと。

*4 そもそも取る手段自体が確立されていなかったわけですが。

*5 今は300超えてます。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ BLACKBIRD (2008-12-20 12:57)

CDのアイドルマスター C4Uをお薦めしようかと思って中古通販価格調べたら、amazonと駿河屋で8,000円超えてて吹いたです。<br>これはお薦め出来ないwww。<br>うはー、品切れしてたのでヤオフクで落とした去年は3,800円+送料程度で済んだのに。<br>ゲーム本編より余程高く成ってる…。<br>アイドルマスターの限定CDは千早のバースデイCD、MASTER BOX I,IIセット以外は再販されて無いんですよねぇ…。<br>限定CDがそれなりに有るのがCDコンテンツ展開としてのアイドルマスターの弱みです。<br>限定コンテンツは作り手としては遣りたくないでしょうが、大人の事情が其れを許さないってのがねー。

_ maplia (2008-12-20 23:01)

>BLACKBIRDさん<br>お気遣いありがとうございます。<br>乗り遅れた者に限定販売音源の壁が立ちはだかるというのは別にアイマスに限った話ではないし、経験するのも初めてではないので、折り合いをつければ何とかなる話です。<br>ある程度諦めがついていただけに、MoMでメリーが採りあげられたときの喜びはそれなりに大きなものだったんですぜ?